スポンサーサイト

2014.11.14 Friday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    久保田式多汗症で手汗を治すには?手汗を止めるツボ

    2014.11.14 Friday

    0


      最初は今ほど汗なんて出ていなかったはずなのに、いつの間にか汗の量はぐんぐん増えていき、日常生活を送るのでさえ不便なことの連続だったとしても、
      薬や手術といった悪影響のリスクある手段に一切手を出すことなく、体が持っている自然治癒力で多汗症を改善できる方法がこちら




      あなたも↓のような悩みのせいで、心が引き裂かれるような思いを何度も味わってきたんじゃないでしょうか?


      頭皮からも汗が噴き出す

      拭いても拭いても出てくるからキリがない

      制汗剤を上回る汗が出てくる

      手汗で、手のひらがいつもベタベタしている


      汗は体温調節などの役割を担っている自然な現象であり、汗の量が多い人もいれば少ないのもいるのが事実ですので、「体質的に汗っかきかどうかは決まっている。」と考えている人はたくさんいます。
      しかし実際には、体温調節とかそんなレベルを通り越して、体調不良を招くような異常発汗を起こしてしまうケースもあり、こうなってしまうともはや体質とかそんな話ではなく病気と言えるレベルになります。

      多汗症は病気ですから何らかの治療をしなければ症状を改善することはできないものの、だからと言ってボトックス注射を使ってみても、結局は薬の効き目は徐々に落ちてきてしまい、最終的には完全に効果ゼロになりますから、そのたびにボトックス注射をやり直す必要が出てきます。

      さらに悪いことに注射を打つ度に体には耐性が生まれ、薬が効きにくくなってしまうため、使用頻度がドンドン高くなるほか、ボトックス注射による体調不良(めまいや頭痛、吐き気など)が無視できないレベルへ悪化する危険も伴います。
      薬を使うのは決して体に良い方法ではないですし、かといって手術で汗腺を取り除いたところで、代償性発汗によってさらにひどい発汗を招く危険があります。




      久保田式多汗症改善7日プログラムは、手術や薬品の力を使って無理やり汗の量を減らそうとするのではなくて、あなたの体の発汗機能を根本的に改善していくことができる対策マニュアルで、
      平均7日もすれば、どれだけひどい多汗症でも、部位(手や足、背中や頭など)に関係なく、汗の量をぐんと減らすことができます。

      そもそも汗の量をコントロールしているのは汗腺ではなくて自律神経です。他にもいくつかの要因が絡んで切るのですが自律神経によって発汗信号が発信され、それが汗を流すトリガーの役目となっていますので、多汗症の場合にはまず間違いなく自律神経の働きがおかしくなっていることが考えられます。

      では自律神経の働きを整えるにはどうすれよいのか?というと病院で治療を受ける場合にはやはり、薬を使った治療がメインとなってしまうものの、久保田式多汗症改善7日プログラムでは、食べるものに気を付けたり、1日10分程度のトレーニングをする程度で済みます。



      あなたの体が本来持っている自然治癒力を引き出していき、その結果として自律神経の働きを整えていきますので、体の調子が悪くなる危険は一切ないどころか、むしろ、自律神経の働きがよくなることによって、健康な体を維持しやすくなりますし、気持ちがイライラしたりするのがずいぶんと減っていくはずです。

      多汗症を一時的に抑える手段として体に大変な悪影響もあるわけではないですし、塩化アルミニウムやミョウバンを使うのは別に悪いことではないですから、久保田式多汗症改善7日プログラムを使った体質改善を行っていくときに並行して使ってみるのも、一つの手段となりえますよ。

      →→体に悪影響を与えることなく自然治癒力を引き出して汗の量を改善してくれる久保田式多汗症改善7日プログラムの「汗と食べ物の関係」とは?




      http://onlymineral.michikusa.jp/
      http://kenkiminamoto.digi2.jp/


      久保田式多汗症と塩化アルミニウム 多汗症の使い方

      2014.11.14 Friday

      0


        多汗症の原因はあなたは何だと思いますか?あまり深く調べていないのであれば「肌や汗腺(汗が出てくる穴)に問題があるんじゃないのか?」と考えがちですが、狂ったように汗の量が増えるのは、そんなレベルの問題ではなくて、もっと深刻なところで異常事態が起きています。

        体の様々な機能をコントロールしている自律神経の働きが狂っていることが多汗症を招いている要因となっていて、自律神経を正常に機能させることが多汗症を改善するためには重要になってくるものの、ではどうやって自律神経の調子を整えればよいのか?というと、西洋医学的には薬を使うくらいしか手段がないのが事実です。

        ただ逆に自律神経の働きがなぜ狂ってしまったのか?という点に目を向けていくと、実は解決すべき問題点が具体的に浮かび上がってきて、それらの問題点に対して効果的にアプローチをしていけるのが久保田式多汗症改善7日プログラムというわけです。



        久保田式多汗症改善7日プログラムでは自律神経の働きを改善していく他にも、食べるものへの指導やトレーニング方法についてまとめられています。

        特に食べ物に関しては「水分をあまりとらないようにすれば汗の量は減るんじゃないか?」みたいに考える人が多いものの、実際には水分量を減らすことによって、余計な体調不良を招いてしまいますし、自律神経の働きにだって悪影響を与えますから、あまりやるべき対策ではありません。

        久保田式多汗症改善7日プログラムでは具体的に、汗の量を増やしてしまう食べ物や減らす効果の期待できる食べ物についても紹介されていますので、1日10分のトレーニングのほか、3食の食事で使う食材にちょっと気を付けていれば、7日後には見違えるように汗の量が減っています。

        多汗症がどれだけつらいものなのか、実際になってみた本人じゃなければ気持ちなんてわかるわけはありませんが、だからと言って、多汗症を経験することで、何かメリットがあるのかというと、全くないのが事実です。

        あなたも、付け焼刃的なやり方を続けるのではなくて、体質そのものを汗をかきにくい状態へと改善していけば、下のような結果を思いのほかスムーズに手に入れることができますよ。


        肌がサラサラになる

        汗で服が汚れることがなくなる

        自律神経の働きが治り、他の症状も改善する

        ハンカチを忘れても気にならない

        塩化アルミニウムやミョウバンなど、効き目が限定的なうえに、皮膚があれる危険のある対策に頼りきりになる前に、
        あなたの体の汗のコントロール機能を復活させて、暑い時や緊張した時に適度に汗が出てくる普通の体を取り戻しませんか??

        久保田式多汗症改善7日プログラムで、人まで醜態をさらし続ける前に、季節を問わずすっきり快適に過ごせるようになるにはこちら




        網野式 フランス語
        視力回復アドバンスメソッド
        JUGEMテーマ:手掌多汗症

        1